カテゴリ:映画( 46 )




涙そうそう・・・

今日の昼間、時間があったので観ました。

正直なところ、妻夫木聡くんは大好き053.gif
ってわけではないのですが、
(いや、嫌いではないです。むしろ好き寄りです)
長澤まさみちゃんが好きなのと、
友達役で塚本高史くんが出てたので観ました。
ミーハーですね(^-^;
でも沖縄の言葉、あの微妙~なイントネーションが好きだし
「涙そうそう」も大好きなので観たのもあるんですけどね★
ネタバレがありますので、知りたくない方は以下を読まないでくださいね。

b0015885_020232.jpg


ストーリーは・・・舞台は沖縄。義父の失踪、母親の死から、
義父の連れ子のカオルと生きていくハメになった洋太郎。
ひと足先に本島でひとり暮らしをしていた彼は、
高校に合格したカオルとふたり暮らしを始めることに。
だが喜びもつかの間、洋太郎は詐欺に遭ってしまい…。
物語自体はそれほど大きな起承転結があるわけではないし、
どちらかといえば王道系な内容でもある。そ
んな中で何がおもしろいかといえば、
血の繋がらない兄と妹のさざ波のような微妙な感情の揺れ具合。
家族としての愛、男女としての愛…そんなものが混ぜこぜでファジーな感覚で突き進み、
相手のことを思いやるあまりに本音を言えない感覚がリアルに伝わってくる。
そう、これは元来の日本人の美徳であった“思いやり”精神にあふれた映画で、久々の日本映画らしい日本映画なのだ。
~アマゾンレビューより。

観終わった後に評判を色々見ましたが、
皆さん結構厳しいご意見。

長澤まさみちゃんははっきり言うと演技はあまり上手くないのですが
この映画では全然気にならなくて良かったなと思いましたが。
要は、脚本ですね。
序番~中盤~までは明るくストーリーが進んで行くのですが
終盤に突然のような兄の死。
確かに無理やりっぽい気はしますね・・・・
まあベースがあの曲なので兄が死ぬってのはわかっていたのですが
(もともとあの曲は森山良子さんが、死んだお兄さんに書いた詞なので)
かなり終盤近くまでそういう兆しがなかったので
「なんだ~映画では、にーにー(沖縄の言葉でお兄ちゃんって意)は死なないのね!」
って油断していたら最後の20分くらいで突然心筋炎とかいう病気で死にます。
しかも風邪で心臓に菌が入って体の栄養状態も悪かったとか言ってましたが・・・
全然聞いたことないんですが、その病気\(◎o◎)/!
って思ってしまいました。
肺炎とかならわかりますがね・・・

なのでちょっと最後がバタバタだなーっていう感じはありました、私も。

でも・・・
妻夫木くんとまさみちゃんの兄妹はとっても素敵で
1時間くらいだけ観ようかな~と思ってたのに思わず最後まで観てしまいました。
批評には「結局貧困に負けたわけ?」とかさんざんかいてありましたが
まあ・・・そういう風にも取れますけどね。

全体的には、テレビドラマっぽくもなかったし、
(テレビドラマっぽいと観に行ったり、お金払って借りてきたことを後悔するので)
海もきれいだったので私は良かったです。
最後は「東京タワー」よりずーっと泣いてしまったし。
キャスティングが良かったからでしょうかね?
しかし、良い人が騙されるのは何か凹みますね・・・・

私は結構いい映画だと思うので、
おススメです★
[PR]



by minayuna1 | 2009-01-20 15:14 | 映画

東京タワー オカンとボクと、時々オトン・・・

b0015885_2250145.jpg

やっと観ました。
GEOの半額クーポンをもらったので先週末に借りてきました。
家にケーブルテレビがあると新し目の映画も観れるしレンタル屋さんから大分遠ざかっていて。

アマゾンレビューでは・・・

リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、
ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、
原作の持ち味を存分に活かすことになった。
原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、
東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。
ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。
映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、
思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。
さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、
時の流れが見事に表現されている。
そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、
一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。
炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。
原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、
その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。
映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。

だそうです。

ドラマ版の速水もこみちくんは、
リリーさんなのに、もこみちくんじゃあかっこよすぎ・・・とか
オカン役の倍賞美津子やオトン役の泉谷しげるには
あまり「品」を感じるものがなく・・・全く観なかったので
映画版の、オカン=樹木希林 オトン=小林薫にはまあ納得でした。

スペシャルドラマ版のリリーさんが大泉洋のも観てみたいかな・・・
リリーさん=大泉洋は私的にはイマイチですが、
こちらは、オカン=田中裕子 オトン=蟹江敬三だそうです。

ストーリーは前に原作本を載せた時に書いたので端折りますが、
私の好きなエピソードのオカンが亡くなってから、
リリーさんの友人のホセが「おかあさん・・・さみしい・・さみしいー!!」
と泣くところが他の登場人物のキャラクターのセリフになっていたので
それが残念だったかな・・・
ホセは出てきませんでしたし。
まあ映画という時間のくくりではちょっとすべてのエピソードを出すのは無理だったのかな?
とも、それでも入れてほしかったな~とも思いました。

映画の中のリリーさん=オダギリジョーは
ピンクのVネックのニットにピンクのパンツや細身のトレンチコート・・・など
リリーさんにしては?おしゃれすぎかなー?とも
思いましたが、まあそれもオダジョーなので良しとしましょう・・・

母と子の素敵な映画です。
リリーさんの素敵な実話ですのでぜひどうぞ★
今年最初のいい映画でした^^!
[PR]



by minayuna1 | 2009-01-19 23:02 | 映画

映画考★


何だか最近怒涛の更新??

b0015885_17202453.jpg


心お優しいRさんにご心配いただきましたが、
ネタが切れるまでどうぞお付き合いくださいね(*^^)!

ところで、映画です。
私にとって20代前半は映画と言えば、殆ど洋画でした。
「インディ・ジョーンズ」シリーズや所謂ハリウッドの「大作」
と言われる映画・・・
「大作」じゃないけれど
ティム・バートン監督の「シザー・ハンズ」は大好きで何度も観に行きました。
後は、River Phoenixが大好きだったので、
彼の出演作はマイナーが多かったけど全部観ました。
b0015885_18344299.jpg

b0015885_17271610.jpg

ところが・・・・
25歳を過ぎたころから、
何故だか邦画三昧の日々。
いつのまにかシフトチェンジしていたんです。
日本映画の心の機微というかがわかるようになったのかな~??

日本映画は心にずっしりくる感動モノか最近ではバカバカしいけど面白いモノ・・・が
多くなってきましたね。
この頃は動物系の感動モノが子供向けに作られることが多いようで
ひと昔前のように宇宙人モノとかちょいSFの映画が無くなってきましたね。

「69 sixty-nine」・「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」・「LOVERS」
・「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」・「タイヨウノウタ」・
「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」・「どろろ」
・・・考えてみると、ここ5年くらいで観に行った映画も殆どが邦画でした。

一番最近にテレビで観た「舞妓 haaaan!!!」といい、
DVDを借りてきて観た「陰日向に咲く」も邦画・・・。

最近はアメリカのドラマシリーズ「24 twentyfour」
も脚本などいろんなトラブルでやらないので観れないし。
(アメリカでも新シリーズの放送自体がずっとやっていない)

何か俳優さんでも今より昔の方が魅力的だったような気がするんですよね~。
昔と言ってもここ20年くらい前~10年くらい前後まで。
ROADSHOWも休刊するようだし(T_T)

それにしても「陰日向に咲く」はかなりガッカリモノでした。
出演者で見たい人がいなければ見ない方が無難です。
アマゾンでのレビューでは皆良かった!系の感想が多いので
借りて見ましたが・・・がちょっとな~って感じです。
私はダメだった・・・・です。
好きな人は好きかも・・・。

評判が良くても自分の好みかどうかは別・・ですね。



皆さんのお気に入りの映画は何ですか??
[PR]



by minayuna1 | 2008-09-18 17:27 | 映画

グーグーだって猫である。

先日、ケーブルテレビで偶然この「グーグーだって猫である」
のメイキングを観ました。
大島弓子さん原作のこのグーグー・・・
どうやらグーグーって名前、眠ることから付いたみたいですね。

ストーリーは→
「この映画の主人公の天才漫画家の麻子さんは
長年連れ添った愛猫サバを亡くして漫画が描けなくなってしました。
人間より早く時間が過ぎてしまう動物と暮らしている事を、
麻子さんはとてもよく理解していました。
でも、ずっと一緒に暮らしていた「存在」が消えてしまった後、
麻子さんは涙を流すこともできなくなってしまったのです。

でもある日…
なかなか決心が付かず入れなかったペットショップに引き寄せられるように入った先で、
アメリカンショートヘアーの子猫と出会います。

それが「グーグー」。

麻子さんの新しい家族です!
グーグーがやってきて、麻子さんの止まっていた時計がまた動き出しました。
新しい漫画のストーリーを考えて、アシスタントと楽しく盛り上がって…
偶然出逢った青年に心ときめいて。。。

しかし、麻子さんに死を覚悟しなければならない病気が発覚し…!」

というもの。
心に染みるようなストーリですね。

大杉漣さんの「ネコナデ」と言い今年は映画界はネコブーム?

9/6公開のミニシアター系ですが・・・
観てみたいなって思った映画でした。

それにしても、子猫は可愛いな・・・053.gif

b0015885_23565858.jpg

[PR]



by minayuna1 | 2008-08-26 23:57 | 映画

かもめ食堂

を観ました。
b0015885_14504635.jpg

CSでやっていたので。
なんだかこの週は「間宮兄弟」も観たのですが
両方ともかわいらしい映画でした。
「間宮兄弟」はいい歳した男兄弟が一緒に住んでて、怖いくらいに仲良しで・・・
ありえない感じだけど面白かったです(^-^;
色々言われてるけど、沢尻エリカ」ちゃんが可愛かったな053.gif

画像はヘボいですが
かもめ食堂のメニューです。
スモークサーモンの和風サラダっておいしいそう・・・!
興味がある方はどうぞ~→こちら
[PR]



by minayuna1 | 2008-04-08 13:50 | 映画

観て来ました。

手塚治虫原作の『どろろ』。
b0015885_195981.jpg

友達と観て来ました☆
結構面白かったです。
途中ちょっと中だるみしちゃうところもあったのですが
娯楽大作?なのでアクションも多いし楽しめました。
ただちょっと長いんですよね・・・2時間20分くらいあるから(^-^;
この作品は映画化は不可能って言われていたそうですが
そうですねーー、これだけ妖怪とかが出てくると・・・
CGが発達しないとできないですよね(+_+)
CGに関しては、やり過ぎな感じもしましたが。

女子的には、妻夫木くんがすごくかっこいい・・・
ので観る価値ありだと思います。
私は特に彼のファンではなかったのですが、
この百鬼丸は(長髪だし?)かっこいいなーと思ってしまいました。
柴崎コウちゃんも良かったのですが、
ちょっと彼女の高い声がカンに障るというか。
でも「恋愛」!っていう展開に行かなかったのでそれは
良かったなと思いました。

ここからネタバレ注意デスヨ!
途中、妻夫木くんの弟の多宝丸役で瑛太が出てくるのですが、
彼が出てきた瞬間思わず吹き出しそうになってしまいました(^^;
昼間義姉とランチをしていたのですが、
映画やドラマの話から何故か瑛太の髪型の話になり
「何故いつもほとんど同じ髪型なのか
(サプリ然り、アンフェア然りその他いっぱい)?」
とか結構彼について話していたのでこの映画に出ている事を知らずに
観たので笑いを堪えるのが大変でした。

他にも原田芳雄や中井貴一などが出ていて、
豪華なキャストも良かったです。
中井貴一の悪役ぶり?は「陰陽師」か?と思ったのは私だけ?(笑

あと特筆すべきは土屋アンナの役の妖怪、鯖目の奥方。
その妖しさと美しさはすごい存在感。
これで他の妖怪役で北村一輝が出てれば完璧だったかな?(笑

でもこれ途中までしか妖怪を倒してないから絶対2がありそうな気がします・・・
まあまあオススメです☆
[PR]



by minayuna1 | 2007-02-10 01:10 | 映画

キャラ診断♪

木更津キャッツアイのサイトでこんなの見つけました☆
面白かったので良かったらやってみてください!
キャラ診断
表示されたページのnewをクリックしてください♪

「・・・ちなみに私は「アニ」タイプでした。
アナタは・・・[アニ]タイプです。
誤解を恐れず言いますが、アニ・タイプのアナタは、いわゆる「バカ」!
・・・と言ってもバカにしてるのではありませんヨ。
このタイプの人はつまり、「愛されキャラ」。
バカとしか思えない(しつこい!?)行動をとることもあるけれど、その根っコは、
素直な心と意外な優しさにあるのです。
つまり、イイ奴ってコト。バカだけど(もういい!?)。

ぜひ映画館で、アナタと同じタイプのアニを見て下さいネ。
そう思うと、スネてる感じもかわいくってしかたなくなるハズ☆」

でした。書いてあることはいちいち微妙だけど(笑
面白いしアニが一番好きなので^^!

そういえば知ってますか?アニの名前。
佐々木兆(キザシ)ですよ☆
[PR]



by minayuna1 | 2006-11-04 00:10 | 映画

大分前に・・・・

Hちゃんと観に行きました、
「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」。
8月終わりくらいだったかな(?_?)

始まるまでちょっと時間があって
映画館のところでおしゃべりしたりしていたのですが・・・

いよいよ始まって冒頭の20分~程寝てしまいました(^^;
決して面白くなかったわけではなかったのですが
導入部ってちょっと退屈だったり。
後何か疲れが溜まってピークだったのと
暗かったので寝てしまいました・・・。

観終わっての感想は・・・
とにかくすごいね・・・・!アメリカ!!
って感じですかね?
ジョニー・デップもかっこよかったし。
今回のオーリーはとっても素敵でしたよ☆
それから敵って・・・ずっとイカだと思っていたら、
タコだったんですねー(笑
しかも、あの終わり方結構ズルイよね??
b0015885_9484788.jpg

[PR]



by minayuna1 | 2006-10-13 09:48 | 映画

タイヨウのうた

b0015885_1827539.jpg

観て来ました☆
「NANA」以来なので実に10ヶ月ぶりの映画館でした。
時間はPM8:40~の回で結構ガラガラでしたが^^;
カップルが多かったような気がしました。
私はママ友のSちゃんと行きました。

お話は太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病(XP)をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。~Yahoo!ムービーより

YUIは女優さんではないだけに演技は・・・でしたが
静かに涙が流れてくるような映画でした。
号泣って訳ではないですけどね。
塚本高史くんはもうすぐ24歳なので
ちょっともう高校生はムリがある様な気もしましたが(^^;

ネタバレ→
そういう脚本なんだとは思うのですが
途中いきなり薫が死んで棺桶に入ってるシーンになった時
ちょっと唐突なような気がしてびっくりしました。

後は、七里ヶ浜の(かはわからないけど)駅で歌を歌う場所を取られていた
薫に孝治(→塚本くん)が横浜駅に
原チャリで連れて行ってくれるシーンがあるのだけど
鎌倉方面から横浜ってちょっと原チャリで行く距離なの?
と疑問が・・・。まあでも映画ですからね。
b0015885_2022672.jpg

全体的には父親役の岸谷吾朗さんもとっても良かったし
観て良かったなー!と思える映画でした。
テーマソングもすごく良かったし。
オススメです☆
もうそろそろ終わってしまうと思うのでDVDになったら是非観て下さいね★
[PR]



by minayuna1 | 2006-07-27 23:55 | 映画

うーん・・・。

b0015885_10414667.jpg

ルックスは最高だけれど責任感ゼロで問題ばかり引き起こす妹マギー。
弁護士というキャリアを築いているけれど、自分を押し殺してきた姉ローズ、
そしてとある心の傷を引きずってきた祖母のエラ。
そんな3人が自分らしい人生を築こうとする様を、
なかなか自分にピタリと合う靴を見つけるのが難しいという話になぞらえて見せる作品。
~アマゾンレビューより

私的にはイマイチでしたが・・・
どうなんでしょう??
映画というよりはドラマで充分な感もありました。
キャメロンは可愛いですけどね☆
[PR]



by minayuna1 | 2006-06-17 10:37 | 映画

日常のたあいもないおしゃべりです^^
by minayuna1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

内田也哉子
from ゆうの日記
連休のちこたん一家
from ちこたんのわがまま日記
浜名湖オフレポート オフ会編
from ちこたんのわがまま日記
にゃー!!
from ワールドシリーズ
バーバパパも「ソニープラ..
from ソニープラザ 通販でショッピング
赤ちゃん
from Blink Link 役立つ..
資生堂マキアージュ新商品
from 資生堂マキアージュ
中古車業界と株価の関係
from 株式情報 投資の鎧
オリーブデオリーブ(ol..
from ブログで情報収集!Blog-..
マキアージュ新商品情報・..
from 資生堂マキアージュ新商品

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧